Contents|目次

志賀直哉『偉れた人間の仕事─する事、言う事、書く事、何でもいいが、それに触れるのは実に愉快なものだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

武者小路実篤らと親交があり、尾崎一男小林多喜二らは、志賀に師事した。彼の周りには歴史に残る文豪が多いが、それを考えただけでも、彼の人生は充実している。

 

私はつい今朝、時間にしてちょうど1時間ほど前、同じことについて考えていた。本当だ。なぜかというと、『理解者が少ない』のである。理解されないのだ。あるいは、『別にその深部までは理解する必要がない』と考える、『女性』が私の周りには多い。あるいは、『クリスチャン』だ。もうこの時点で、『偏っている』。彼女らの『ど真ん中の話』以外は、前述したとおりの話にしか発展しないのだ。これは大変である。

 

クリスチャン

 

ましてやこのサイトを見てわかる様に、私が普段考えている内容は、孔子ソクラテスブッダキリストを根底とした、あらゆる偉人たちの言葉、あるいは知性について、真理についての内容である。こういうことは、たとえ前述した人間関係でなくても、なかなか理解されない。話が進まないのだ。そんな私が今朝、

 

(識者と話をすると『いやあ楽しいですね』とか、俺は言うんだろうなあ)

 

と思いながらパソコンの前に着いたことは、想像にた易いはずである。(※ちなみに、その『識者』のイメージの相手は、前日に『カンブリア宮殿』を観たことも手伝って、村上龍だった。)志賀直哉の言う通り、私は前述した人間たちと向き合って内省をすることが、今、生きていて何より生きがいを感じる。現在31歳という年齢からもわかるように、かつての私の周りにいた人間に、こういった私の『本性』を見せても、煙たがられるだけで、私は、彼らの事を考えて、この思いは長い間封印していた。

 

封印

 

若かったこともあった。まだまだ先で、やろうと思えばいつでもやれたという、時間感覚があったのだ。しかし時が経つにつれ、やはり自分の本性を表せないコミュニティに属するのは苦であり、自分の本音を言っても正当に評価されない人間関係は、害であることを悟ったのだ。志賀直哉曰く、『不愉快』だったのである。だが今は『愉快』なのである。だから彼の言う事が、私には手に取るようにわかるのだ。

 

手塚治虫は言った。

 

『切磋琢磨』の相手に誰を選ぶか。それは自分の人生を磨き上げていく人間にとって、極めて重要なテーマである。

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

尾田栄一郎『芸術とエンターテイメントは違います。芸術とは自分を主張するもので、エンターテイメントは人の為の作品づくりです。』 エルバート・ハバード『人生における最大の失敗は、失敗を恐れ続けることである。』 イソップ『ある場所で不満を感じている者は、別の場所へ移っても、まず満足は得られない。』

 

関連する『黄金律

『自分のものに出来ない知識は、自分の知識とは言えない。』

同じ人物の名言一覧