『ヒト』を最適化しよう。

大久保利通『今日のままにして瓦解せんよりは、むしろ大英断に出て、瓦解いたしたらんにしかず。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『瓦解(がかい)』とは、壊す、崩す、乱れる、組織全体が壊れることを言う。

 

昨日も、今日も、目の前に、頭の上に、たんこぶがあり、それが試練として自分の前に立ちふさがっていて、身動きが取れない。そういうことが人生にはある。

 

私もあった。私の場合は、家庭内の宗教の問題だ。その他の家庭はどうだ。虐待、貧困、離婚、差別、虐め、病気、様々な問題があるだろう。そして、それは自分の人生に、著しい影響を与える。

 

そのまま泣き寝入りすれば、明日も同じ一日となるだろう。このまま何も行動しなければ、その延長線上に未来は切り拓けない。しかし、この話は実は、とても繊細な話である。

 

私の話だ。

 

私の場合は、29年間続いた。その間に、父親も死んだ。多くのものを失い、代償を払った。しかし、私が幸運だったのは、圧倒的な『ネアカ』精神を持っていたことだった。『根暗』の逆だ。極めて、ポジティブかつ前向きだったのである。

 

だからあまり『失った』という喪失感に襲われ、その虚無を、まるで悦に入ったように自己憐憫し、悲劇のヒーローを演じることはない。

 

しかし、29年間も続いたのだ。家庭内の宗教の問題が。

 

 

いやもちろん、これで完全に終わったわけではない。これからも私は、異なる宗教を持った家族と、同じ食卓を囲むことは無いだろう。だが、29歳の時に、一応の大きな一区切りがあった。

 

それは、キリスト教の強要の善悪と、異宗教の存在の説明を、論理的に説明させることで、それを偏りなしに、公正に説明できないのであれば、そこには『神(すべてにおいて平等・公正であるはずの絶対的存在)』がいるわけもなく、それを強要し続けたという事実を認めるということは、自分たちが、今まで29年間、私に間違った考え方を押し付けていた、ということを認めることになるが、それについてどう説明するのか。

 

ということを問い詰め、それについて説明することが出来なかった、という事実を作り上げたのが、その29歳の一区切りだった。

 

つまり、別に最初からその事実はあったわけで、その事実を、実際に起きた事実として作り上げた(経験した、体験した)だけなのだ。

 

問題なのは、なぜ29歳まで続いたかということだ。それは、私が母に、崩れて欲しくなかったからである。その意味が分かるだろうか。

 

だから、『瓦解』と言うが、それはとても難しい問題だ。私の親の様に、宗教に心を依存している人間がいたとき、それを『瓦解』させることで、もしかしたら心が病んで死んでしまうかもしれない。

 

私の知人の母親に、40歳になる前に精神が衰弱して亡くなった人間がいるが、人は、そういう理由で死んでしまうのだ。

 

それを『瓦解』することが『大英断』だというのは、私の口からは言えない。しかし、事実として私は、その29歳の時から、間違いなく、人生で初めて、心が解放されたような、自由を認められたような、そういう生き生きとした生活を送ることが出来ているということだ。

 

もしかしたら、29年間もかかったのは、ただ私の機が熟すのが時間がかかっただけなのかもしれない。要は、『最初からあった事実』と言うが、それをもし、10代後半の、知識もない、ボキャブラリーも無い、『四聖』に数えられる、

 

孔子

孔子

ソクラテス

ソクラテス

ブッダ

ブッダ

キリスト

キリスト

 

それに世の偉人たちと向き合っても無い、

偉人

 

そんな人としての厚みが軽薄で浅薄な時期に、この宗教という問題について何か語っても説得力がなく、むしろ言ったら逆効果で、『北風と太陽』的に、相手は考え方を一切変えることなく、しかし私も考え方を変えることなく、確執のように、ただひたすらに距離が開いていっただけだったのかもしれないわけで、

 

29年もかかった、ということを、まるで私はさきほど、『母親が崩れて欲しくなかった』という風に、綺麗なストーリーとして書いたが(本音だが)、実際は、ただ、私が、この問題を『瓦解』する為に、それだけの時間がかかったということで、これは別に、相応なのではないか。

 

まあどちらにせよ、

 

『瓦解は難しい。だが、それをしたなら、道は切り拓ける。』

 

ということは事実だ。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

大久保利通の名言・格言一覧