『ヒト』を最適化しよう。

大久保利通『堅忍不抜。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

堅忍不抜(けんにんふばつ)とは、どんなことがあっても耐え忍び、心を動かさない心構え、覚悟のことである。大久保利通の座右の銘だったというが、偉人たる人間の共通点には、やはりこうした不撓不屈の精神が備わっていることが多くみられている。

 

堅忍不抜たる覚悟を持って、不撓不屈に前進し、無我夢中で命を貫き、最後の一呼吸までそれを貫徹する。

 

 

こうした気概がなければ、無から有を生み出すことはおろか、元々ある道を威風堂々と歩き通すことは出来ない。それが出来ないなら、その生き様を見て心打たれる人は少なく、集まるエネルギーは小さく、成すことの出来る規模も、矮小である。

 

たった一度のこの人生など、別に全員『矮小』だ。しかし、それを『矮小』で終わらせてたまるか、という気迫を燃やした人間の命は、光り輝く。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』 『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

同じ人物の名言一覧

大久保利通の名言・格言一覧