『ヒト』を最適化しよう。

インドの諺『汝が生まれたとき汝は泣き、汝の周囲の人々は喜び、汝がこの世を去るときには汝の周囲の人々が泣き、汝のみ微笑むようにすべし。』

考察

自分たちが泣いてこの世に生まれた時、親や周囲の人は喜んだ。だとしたらせめて自分がこの世を去るときは、自分は笑い、人々に泣いてもらえるような人生を送りたいものだ。

 

ドイツの小説家、ゲレルトは言う。

 

この世を去るときに笑えるということは、ゲレルトの言う様な人生を送るということだ。この世を去るときに泣いてもらえるということは、『人生に打ち克つ』ことが出来たということだ。

 

人生とは、生まれた時から死への宣告が決まっている、過酷な道のりである。赤ん坊は、『それ』を知っているから、泣いているのかもしれない。

 

(なぜこんな過酷な道のりを生きていかなければならないの?)

 

しかし、それが人生なのだ。だとしたらその、『つい、自分が自分が、という利己的に走りがちなこの儚く虚しい人生』を利他的に生きるということは、『人生に打ち克った』に等しい。

 

この世を去るとき、周囲の人が泣いてくれるというのなら、それは自分が人生に打ち克った証拠だ。その反対に、泣いてこの世を去ったと言うのなら、人生に屈してしまった証拠なのかもしれない。

 

人それぞれ強いられている環境は違うが、たった一度の人生だ。その命を使い切って、次の世代にバトンを繋ぎたいものだ。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』