『ヒト』を最適化しよう。

ルター『神はわれわれの砦である。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

まず、『神』について理解していない人間は、意味不明である。『は?』ということで、そこで思考がストップして終わりだ。私もその一人だったし、それは生きている間、絶対に変わることが無いと、もう、念じる様に自分に言い聞かせた時代があったほどである。それもそのはず、私は両親にクリスチャンになることを強要されて育ったのだ。

 

 

それは、今書いたとおり『強要』だった。人の心を救うはずの信仰が、人の心を長い間苦しめていたのである。そのパラドクスに気づけなかった両親の罪は深いが、彼らに悪気が無いこともわかっていた。だから私はやり場が無かった。家庭内暴力も一度も振るわなかった。もっとも、それは『家庭外』では別だったが。

 

ルターを起因とするキリスト教の『プロテスタント』とは、カトリックのように、『キリストの助けを得ながら自分の努力でも救われうるとして、他力プラス自力の立場をとる』といった教えではなく、『罪深い存在である人間は、自らの力では自分を救うことは出来ず、キリストによってのみ救われるとし、いわば他力を強調する』という教えである。

 

従って、私とルターとの考えがどこまで一致するかはわからないが、しかし、『何事もすべて自力で解決できる』という自負は、一歩間違えれば驕りに繋がるわけで、そういう意味ではとても傾聴に値する教えだ。

 

それに、『神=真理=愛』という図式で考えた場合、また更にルターの言葉は心に浸透しやすくなる。例えば、『法律』であれば、人は何の抵抗もないはずだ。しかし、法律は、完全ではない。何しろ、それを作った人間が、恒久的に未熟だからだ。

 

しかし、『真理』ということであれば違う。それは、『人は必ず死ぬ』といった真理を見てもわかるように、これは人間が創った原則ではない。だとしたら、その信憑性は極めて高い。少なくとも、人為的なものよりも遥かに上だ。だとしたら、なるほど、その図式なら意味が分かる。それを『最後の砦』として考えた時、『法律に反するから』ということでは不完全だ。

 

何しろ、ソクラテスは、

ソクラテス

 

と言ったが、法律の定めによって、無実の罪なのに、裁判で死刑に多く票を入れられ、そして処刑されたのである。ソクラテスは、法律よりも、真理の方が正しい事を説いていた。しかし、その場にいた大衆は、真理よりも法律を重視し、無実の人間を処刑してしまった。ここまで考えると、ルターの言葉の意味はもう完全に理解している。もっとも、私が『神=真理=愛』という図式に辿り着くためには、多くの代償を払った。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『愛があれば全ては解決する。』

同じ人物の名言一覧

ルターの名言・格言一覧