『ヒト』を最適化しよう。

やなせたかし『生きていることが大切なんです。今日まで生きてこられたなら、少しくらいつらくても明日もまた生きられる。そうやっているうちに次が開けてくるのです。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

私の人生で一番混沌としていたのは、10代後半から20代前半の頃だ。あの頃は、いつ何がどうなってもおかしくはなかった。そういう精神状態だし、周りの環境も怪しかった。先も全く見えなかった。お先真っ暗というやつだ。しかし、それでもそうしたことを考えているとき、必ず辿り着く一つの考え方があった。それこそが、今回のやなせたかしの言う様な発想だったのである。

 

(…まあでも、なんだかんだ言って、今俺、生きてるしな。今までも結構波乱に満ちてたぞ。だが、生きている。ということは、恐らく今回も、そしてこれからも大丈夫だ。)

 

それは確かに、無責任で無鉄砲な考え方ではあった。しかし同じくらい、楽観的で前向きな考え方でもあった。私はこれを、楽観的で前向きな考え方にさせるよう、『努力』することが重要だと考えるようになった。

 

前を向いている。しかしその『前』だと思っている方向が、人を殺すテロリストの様な方向であれば、それは実際には『前』ではない。従ってそれは『前向き』ではなく、『後ろ向き』だ。『楽観的』ではなく、『現実逃避』だ。つまり、楽観的で前向きな人生を送るためには、『前』を向かなければならず、そしてその『前』が、どの方向かを正確に見定める必要がある。

 

そして私は出会うべくして出会った。それが、『四聖』に数えられる、

 

孔子

孔子

ソクラテス

ソクラテス

ブッダ

ブッダ

キリスト

キリスト

世の偉人たちである。

偉人

 

私が楽観的で前向きな考え方を大事にしようと思っていなければ、私は彼らに辿り着かなかった。そして、一生どの方向が前かも理解せず、足踏みしていただろう。

 

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『生きるのは過去でも未来でもない。『今』だ。』 『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』

同じ人物の名言一覧