『ヒト』を最適化しよう。

モーツァルト『わたしは見事な絵画や美しい彫刻を見るように、一目でその曲を見渡すことが出来ます。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

3歳にして絶対音感を持っていたモーツァルトはそう言いまた、こう続けた。

『わたしは想像のうちに曲の各部を一つ一つ聴くのではなく、そのままを一度に聴くのです。』

 

モーツァルトが作曲を思いついたのは、旅行中、散歩中、眠れない夜だったというが、一度思いつくと、たちまち曲が完成してしまったという。実は、現代科学ではこの現象を専門用語で証明することができるようになっている。これを、『セレンディピティ』という。いわゆる、『気づき』、『ひらめき』だ。

 

だが、ここからが重要だ。このセレンディピティは、人一倍どころか、その倍、さらに倍以上の努力なくしては、あり得ない現象なのである。生涯をかけて音楽に没頭し、寝ても覚めても音楽を愛し、ひたすら音楽家として努力と創造をし続けたモーツァルトだからこそ、彼は天才的な結果を生み出すことが出来たのだ。

 

つまり、天才とは、『天才的なひらめきをする人間』のことではない。むしろ、その『天才的なひらめき』を生み出すまで、ひたすら努力を重ね、確かな一歩を歩き続けた人間なのである。

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』 『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

同じ人物の名言一覧