『ヒト』を最適化しよう。

イチロー『出たいかどうか、でなく、出られる選手でありたい。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

旭硝子の創業者、岩崎俊彌は言った。

 

私は以前、19歳の時に一緒に仕事をしていた人間と、26歳の時に、もう一度軽く仕事で絡むことがあった私は煙草をやめていたが、別に一時的に吸ってもすぐにやめることができるので、その時、喫煙所で彼と一緒に一服をしていた。そこで交わされた会話はいつもと同じように、くだらないものだった。

 

 

─そのときだ。彼が、7年も前と同じ『ぼやき』をしてしまったのである。

 

何か儲かる仕事ねーかなー。

 

彼がこの発言をした刹那、私は煙草の火を消し、彼にこう言った。

 

まだそのセリフ言ってるのか。そのセリフ言って今まで、人生が前に進んだことあるか?俺はそのセリフをもう言わねえよ。

男性

 

私は喫煙所の扉を開けた。私は(この場にいてはいけない)と思ったのだ。時間が止まって、あるいは引っ張られると思った。『金を儲けたい』とか、『異性にモテたい』とか、『セレブになりたい』とか、『宝くじを当てたい』とか、人間は、とかくいつでも、私利私欲に執着しているものである。だが、それへの執着がある人間は往々にして、それを手に入れることが出来ていない。出来たとしてもそれは刹那的であり、膨張は、弾けるのが相場なのである。私は彼との喫煙の時間が

 

(くだらない時間だな)

 

と、心底から思った。以前は、思っていなかったのだ。それで全然楽しかった。だが、さすがに7年という時間が止まっているのに直面すると、プライドが許さなかったのだ。イチローが言う『出られる選手』というのは、容易ではない。『出たい』なら腐るほどいるが、そんな人物でいられる為には、自分へ向ける目が、『ねーかなー』という、かつての彼の様な、射幸的で反応的なものでは不可能である。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『偶然に期待する人間は、支配される。』

同じ人物の名言一覧

イチロー(鈴木一朗)の名言・格言一覧