『ヒト』を最適化しよう。

松本人志『100点は無理かもしれん。でもMAXなら出せるやろ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

自分の中での100点を出せばいいということだ。それが、周りの人、評価する人から見て100点ではなくても、自分の中で100点なら、ある人から見たら100点に見えることも、150点に見えることもある。

 

分析心理学の創始者、ユングは言った。

 

逆に、20点だと思う人もいる。それでいいのだ。それがこの世の中なのである。

 

例えば私は、ヘビメタを聴かないし、聴こうとも思わない。だが、世の中にはヘビメタで人生を成立させている人間がいる。それでいいのだ。それがこの世の中なのである。私の意見など、彼らには関係ないことなのだ。それぞれが、それぞれの100点を出せばいい。だとすると、自分なりの100点すら出さずに怠けているのであれば、これは問題外である。

 

松下幸之助はこう言い、

 

イギリスの探検家、ラポックもピタリ同じことを言ったが、

 

常に、『現時点での自分の100点』を出し続ける人間で在りたい。

 

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧