『後悔したくない方』はこちら

石原裕次郎『ところが、いまの世の中はお金さえ出せば何でも手に入る。だから今のガキは工夫をしないよね。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『僕達が子供の頃は、無形のものから有形のものをどんどん生んでいった。物が無いんだから、工夫するしかないわけ。ところが、いまの世の中は お金さえ出せば何でも手に入る。だから今のガキは工夫をしないよね。知恵を絞ることをしない。身体も軟弱で、 鉄棒して落っこちれば腕を折っちまう。創造性もなけりゃ、体力もない。昔のガキは、いかに廃物利用して物を作っていくかという発想と知恵においては、今の大学生や大人達より はるかに進んでいたと思う。』

 

 

それは私もそう思う。私は、その言葉が言われた更に数十年後の時代を、東京で生きた。つまりだとしたら、私の場合、どんなデメリットがあって、どういうものが足りないのかは明白だった。例えば、『上京』する発想がない。つまり、そこに付随する野心や決意、覚悟がない。帰ろうと思えばすぐに帰れる甘えた発想は、ここで指摘される『小僧』と同じ範囲の中の、クソガキである。だから私にとっての成長のキーワードとは、『ストイック、追い込み、ハングリー精神、枯渇、覚悟、気概』といった精神的なもので、それさえ自分から進んでいって手に入れ、自分のものとすれば、どの時代、どの地方、どの国から、どんな人間と向き合っても恥ずかしくない、

 

いや、それどころか、それに対抗できる、あるいは凌駕するだけの人間になれると思い、それ以外の道は『歩くべき道ではない』と考えるようになった。まだまだ発展途上もいいところだ。これからだ。これからもっともっと自分を磨いていかなければならない。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『足るを知る者は富む。足るを知らぬ者は貧しい。』

同じ人物の名言一覧