目次

石原裕次郎『動物には動物の距離感があるように人間同士がうまくやっていける距離感を、僕ら団塊の世代はすし詰め教室で学びました。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

人間同士がうまくやっていける距離感の中に、『パーソナルスペース』という概念がある。文字通り、個人的な空間という意味であり、そのスペースに人が入られると、イラッとするわけだ。例えば、思春期の子供にとって、親が必要以上に自分に近づくのは、ストレスでしかない。しっかりとパーソナルスペースを守ってほしいのだ。親は親で、そんなスペースなどなかったかつての幼少時代の記憶があるからそうするのだが、それは言い訳だ。嫌なのは理論でわかっているはずだ。この類の話は既に出揃っているのだから。

 

親は必ず子離れし、子は必ず親離れしなければならない。どちらにせよ強制的に『離れる』ことになるのだ。それよりも、主体的にそうすることの方が効果があり、子なら、実力がつく。バイクや原付で走行していて、信号で停まるとする。その時、右の車両が自分のバイクにピタリと横付けし、あるいは、逆に死角に入って、ちょうど右うしろに付けられると、バイカーは、気になって仕方がない。これも、パーソナルスペースを配慮しない人間が存在するから起こる現象である。

 

夜道の女性と後ろを歩く男性はどうだ。ゴキブリは。あいつらは、そのパーソナルスペースをお構いなしに横切ってくる。そこで人間は、ストレスや恐怖、不安や怒りという心理状態になり、平常心を保てなくなるとうわけだ。

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

 

関連する『黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

同じ人物の名言一覧