『ヒト』を最適化しよう。

松岡修造『100回叩くと壊れる壁があったとする。でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから、90回まで来ていても途中であきらめてしまう。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

この言葉に最もリンクする言葉は、これだ。

 

エジソンの言葉である。

 

金持ち?

 

実力者?

 

権力者?

 

いや違う。

 

金鉱にある金は、『最後まで掘りつづけることができる人間』にしか掘り当てられない。この決定的な事実から、目を逸らしてもいけないし、斜めから見るのもダメだ。直視せよ。

 

関連リンク:ビビ『船でちゃんと学んだのよ!!諦めの悪さなら!!』

 

誰もが『残り10回』だとわかれば、喜んでその壁を叩くだろう。誰もが『残り100m』だとわかれば、最後の力を振り絞り、全力疾走できるだろう。だが、あと何回叩けばいいかわからず、どれだけ走ればゴールテープが切れるかわからず、ただひたすらに目の前の問題を突きつけられるとき、人はどうしても弱気になってしまうものである。

 

そんな時は、エジソンのこの言葉を思い出すといい。

 

エジソンは電球の発明をするとき、実に1万回もの失敗を積み重ね、しかし記者に『なぜそれができたのか』と問われると、こう言ったのだ。あのダイソン掃除機の創始者ダイソンも、エジソンのこれらの言葉を無得に秘め、5126回の失敗をし、5127回でようやく実験の成功をしてみせたのである。

 

実験

 

ダイソンは潤沢な資産があるわけではなかった。銀行からお金を借りて、家族も養っていた。しかしやり遂げたのだ。それは、不撓不屈の精神以外のなにものでもないのである。

 

確かに一つのエネルギーは、凍てつく氷の上に乗ると確かに最初は手こずって、その場に踏みとどまるかもしれない。だが、熱く熱く燃え盛るエネルギーは、その凍てつく氷を時間をかけて溶かしていき、進みたい方向へと進んでいくことができる。自分の命を、使い切れ。それが人間の『使命』だ。

 

使命

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』 『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

同じ人物の名言一覧

松岡修造の名言・格言一覧