『ヒト』を最適化しよう。

松岡修造『「なぜ」と考えている限り、何も良くならない。ここから抜け出すための「どうやって」を考えなければならないと。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『僕も膝を痛めて手術を余儀なくされた当時、すごく落ち込みました。なぜ僕がケガをしなくてはならないのか。なぜこのタイミングなんだ。なぜ、なぜ、なぜ、と……。でもそこで気づいたのです。「なぜ」と考えている限り、何も良くならない。ここから抜け出すための「どうやって」を考えなければならないと。』

 

 

これは間違いなく、『思考回路に変化が起きた』瞬間の話である。例えば、思考回路が『水路』のようになっていたとして、水が、ある方向に流れているイメージを持ちたい。その『向き』が変わったのだ。『水の流れの方向』が変わった。これは、セルフコントロールにおいて、極めて重要なカギである。

 

例えば、ブッダの言葉の超訳として書いたのはこうだ。

ブッダ

 

何かが起きた時、その責任を相手や自分以外のものに転嫁する考え方がある。というか往々にして、人はそうしてしまうものである。だが、もしその原因、あるいは解決策を握っているのが自分であった場合、(なぜ)と悲観視して唖然としていたり、(あいつさえ)と非難して憤っている時間は、無駄である。水の方向を変えるレバーを握っているのは、自分なのだ。

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

同じ人物の名言一覧

松岡修造の名言・格言一覧