『ヒト』を最適化しよう。

松岡修造『「安全と思うときほど危険なのでは?」と疑い、自分の心と体と対話して状態をチェックし、それに応じて休養をとるように心がけましょう。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『誰でも体調を崩すと「やっぱり自分は飛ばし過ぎだった」と反省しますが、調子がよいときはなかなかそこに考えが及びません。「安全と思うときほど危険なのでは?」と疑い、自分の心と体と対話して状態をチェックし、それに応じて休養をとるように心がけましょう。』

 

私も全く同じように、体調を崩してからそう気づくことがある。後始末ではなく、『前始末』が出来るように注意したいところだ。しかし、それにはやはり一度体調を崩してみなければ、なかなか自分の体調のリズムや限界をつかめないところがある。

 

私なども、免疫力が落ちてきたら、大体風邪か、持病の口唇ヘルペスが発症し、安静を求められて、身動きが取れなくなるわけだが、何度も何度も繰り返していくうちに、だんだん体調を崩す前に、適切な対策を取れるようになってきた。ビタミンを摂ったり、睡眠を頻繁に取ったりするわけだ。

 

 

私は以前、サンドバッグを殴りすぎて、左手の靭帯を伸ばしてしまい、最近では足の裏に激しい負荷をかけすぎて、足底腱膜炎になってしまった。だからこのテーマについては、とても身に沁みるわけである。

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『耐え忍ぶことができる人間でなければ、大局を見極めることは出来ない。』 『いつも心が愉快であることの、甚大な恩恵を知れ。』

同じ人物の名言一覧

松岡修造の名言・格言一覧