『後悔したくない方』はこちら

松尾芭蕉『月日は百代(はくたい)の過客(かかく)にして、行きかう年もまた旅人なり。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『月日は百代(はくたい)の過客(かかく)にして、行きかう年もまた旅人なり。』

 

つまり、登っては落ち、登っては落ち、を繰り返す月日というもの、また、去っては訪れ、去っては訪れ、を繰り返す年月というものは、まるで、永遠に旅する、旅人の様なものだということ。その旅に終わりはあるのか。もちろんあるだろう。宇宙と惑星の形が変われば、それに伴って見える景色は変わるのだ。

 

しかし、それは人間の時間間隔で言えば、気の遠くなるほど先の話になる。どちらにせよ言えるのは、『有限だ』ということだ。無限ではない。地球に訪れる月日も、自分に訪れる月日も、いずれは必ず、終わりが来るのだ。無限ではないのだ。だとしたら自分がやるべきことは何だろうか。この、有限の儚い人生を『尊く』する為には、今日、何をすればいいだろうか。

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

松尾芭蕉の名言・格言一覧