Contents|目次

堀辰雄『風立ちぬ いざ生きめやも。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

意味としては、『風は吹いた。さあ、生きるときだ。』という様なこと。宮崎駿の『風立ちぬ』と照らし合わせて考えてみると、その時代にあったのは戦争であり、天災であり、そしてそれらの終結だった。そんな時代を、生きていていいのか。大勢の知人は死んだのだ。自分の作ったものは、戦闘機か。それで罪のない人々がどれだけ死んでしまうのか。

 

生きていていいのか。死んだ方がいいのか。何をすればいいのか。生きるために働き、その仕事で作った物で人が死ぬのはいいのか。

 

 

スタジオジブリの『風立ちぬ』のCMは、最初『生きめやも。』だったが、途中から『生きねば。』に変わった。とにかく、戦争が終わったのだ。とにかく、天災は一時、過ぎ去ったのだ。

 

生きねば。まだ、生きているのだから。そして人は必ず、死ぬのだから。

 

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

司馬遷『千軍は得易きも、一将は求め難し。』 ショーペン・ハウエル『人生の幸福にとっては、我々のあり方、つまり人柄こそ文句なしに第一の要件であり、最も本質的に重要なものである。』 ラ・フォンテーヌ『全世界を知って、自分自身を知らない者がいる。』

 

関連する『黄金律

『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。』

『前進あるのみ。それ以外は後退だ。』