『ヒト』を最適化しよう。

堀辰雄『風立ちぬ いざ生きめやも。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

意味としては、『風は吹いた。さあ、生きるときだ。』という様なこと。宮崎駿の『風立ちぬ』と照らし合わせて考えてみると、その時代にあったのは戦争であり、天災であり、そしてそれらの終結だった。そんな時代を、生きていていいのか。大勢の知人は死んだのだ。自分の作ったものは、戦闘機か。それで罪のない人々がどれだけ死んでしまうのか。

 

生きていていいのか。死んだ方がいいのか。何をすればいいのか。生きるために働き、その仕事で作った物で人が死ぬのはいいのか。

 

 

スタジオジブリの『風立ちぬ』のCMは、最初『生きめやも。』だったが、途中から『生きねば。』に変わった。とにかく、戦争が終わったのだ。とにかく、天災は一時、過ぎ去ったのだ。

 

生きねば。まだ、生きているのだから。そして人は必ず、死ぬのだから。

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。』 『前進あるのみ。それ以外は後退だ。』