『ヒト』を最適化しよう。

イアラ・ガッセン『思考には気をつけよう。いつ口に出してしまうかわからないから。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

フランスの小説家、ブールジュは言う。

 

生きた通りに考えるということは、考えずに行動してしまったことを後で悔いる、ということだが、しかしそこには『一応の思慮』があるのである。例えば、人間の三大欲望で言えば、

 

  1. 『腹減ったなあ』
  2. 『やりてえなあ』
  3. 『眠いなあ』

 

である。そんな思慮がある。しかし、思慮は思慮でも、それは『思慮浅い』。『思慮深くあれ』というのが、ブールジュの戒めである。思慮が深ければ、イアラ・ガッセンの言う様な事態には発展しないだろう。思慮が浅ければ、イアラ・ガッセンの言う様な事態に発展しまう可能性がある。

 

キリストの言葉の超訳として、

 

キリスト

 

という記事を書いたが、言葉を言うのは人間であり、人間はまず頭で考えてその言葉を言う。しかし、ブールジュの言うように『あまり考えないで言葉を言う』と、そのことについて後悔することになり、ブールジュとイアラ・ガッセンが言うように『思慮深さを持つ』ことが出来れば、人を傷つけることも自分が傷つくこともない。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『思考の力を侮る人間は、人生に敗北する。』