『後悔したくない方』はこちら

ロバート・ルイス・スティーヴンソン『結婚は長い対話だ。時折のいさかいがそれに色どりを添える。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

人生の黄昏時についたときに、ふと人生を思い返す。すると思い浮かんでくるのは、色濃く塗られた思い出である。『濃い色』というのは、やはり単調とした日常の風景ではなく、刺激的な経験や、負ってきたリスク、あるいは、スティーブンソンのいう『いさかい』等である。

 

小説家、吉川栄治は言った。

 

今、思い通りにいかず、噛み合わない歯車について憂いているのであれば、ひとつ、『今こそが人生のハイライトだ』という発想を持ってみるのはどうだろうか。

 

もちろん、『薄い色』の日々も貴重で大事な日常だ。しかし、まるで塗り絵のようなイメージで、人生の黄昏時を迎えた時、鮮やかな思い出となるのは、騒々しくも色濃く塗られた、人生のメモリアルである。

 

 

ニーチェは言った。

 

スティーブンソンとニーチェは同じことを言っているようだ。ジェットコースターも、常に谷なら面白くはない。山あり谷あり、色々あるから全体的な完成度が上がる。例えば大きな喧嘩をして、もうやっていけないと思ったその時期があっても、何とか歯を食いしばり、あるいはかつてお互いの心を満たした愛ある日々を思い出し、半ば義務のように、強制的にでも、我慢して、忍耐し、協力して生活する。

 

その時は確かに辛くて、大変かもしれない。心は100%満たされず、寂しい思いをすることもあるかもしれない。だが、『山の中腹』にいるときが、酸素も切れて、楽しく弁当を作っていた時間を忘れるほど過酷な状況のように、しかし、その過酷な登山の途中こそが、その結婚生活のハイライトなのかもしれない。

 

ハイライト

 

人生の黄昏時を迎えたとき、もし無事に二人が離婚せずに同じ道を歩み続けていたら、ある種の達観を覚えるかもしれない。添い遂げてきてよかったと、言葉にならない溢れる思いで、心がいっぱいになるかもしれない。運命なんてないんだ。我々二人が、最後まで二人の愛を心のどこかで信じ続けた。あるのはそれだけだ。そして、それだけで十分だ。

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『愛があれば全ては解決する。』

同じ人物の名言一覧

ロバート・ルイス・スティーブンソンの名言・格言一覧