Contents|目次

フンボルト『ほんとうにまじめに努力することは、なかば到達したことと同じです。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『半ば、到達したと同じ』という言葉は、『半分、達成したようなもの』という言葉と、同じ意味である。何か目標を見つけて、それをやり遂げると決意した。すると、自分があるくべ道が開けて見え、そこをひた歩くための人生のスケジュールが見出される。障害物もあるだろう。休息を余儀なくされることもあるだろう。だが、『それら』を含めた全ての道のりが、目標を設定することで見出されるのだ。

 

設定

 

イチローがそれを証明している。イチローは小学生の時の卒業文集にこう書いていた。

『ぼくの夢は、一流のプロ野球選手になることです。そのためには、中学、高校でも全国大会へ出て、活躍しなければなりません。活躍できるようになるには、練習が必要です。ぼくは、その練習にはじしんがあります。ぼくは3才の時から練習を始めています。3才~7才までは、半年位やっていましたが、3年生の時から今までは、365日中、360日は、はげしい練習をやっています。だから一週間中、友達と遊べる時間は、5時間~6時間の間です。そんなに練習をやっているんだから、必ずプロ野球の選手になれると思います。

 

そして、中学、高校で活躍して高校を卒業してからプロに入団するつもりです。そして、その球団は、中日ドラゴンズか、西武ライオンズが夢です。ドラフト入団でけいやく金は、1億円以上が目標です。ぼくがじしんのあるのは、投手と打げきです。

 

去年の夏ぼくたちは、全国大会へ行きました。そしてほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会ナンバ-1投手とかくしんできるほどです。打げきでは県大会、4試合のうちに、ホ-ムランを3本打ちました。そして、全体を通して打りつは5割8分3りんでした。このように、自分でもなっとくのいくせいせきでした。そして、ぼくたちは1年間まけ知らず で野球ができました。

 

だから、このちょうしで、これからもがんばります。そして、ぼくが一流の選手になって試合にでれるようになったら、お世話になった人に招待券をくばって、おうえんしてもらうのも1つです。とにかく一番大きな夢は、プロ野球選手になることです。』

イチローの卒業文集: Ultimate Challenger’s Diary

 

この文集を書いた後のイチローの活躍ぶりは、周知のとおりだ。私にも似たような話があるが、彼の話を載せた後に書いても多くの人にとっては意味はないだろう。

 

ただ、リチャード・バックのこの言葉ならどうだ。

 

自分が抱いた夢を、愚直に求め続ける。そういう真面目な人間だけが出せる結果がある。

 

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

国木田独歩『富と功名!これ実に誘惑なり。吾は日々この誘惑に出あう。』 鍵山秀三郎『普通だったら惨めになる境遇を、綺麗にして矜持を保った。』 始皇帝『新しい世代が、当然の事として受け容れているものは忘れ易いものだが、古い世代の厳しい戦いの成果である。』

 

関連する『黄金律

『「一歩」の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』

『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、「失敗」ではない。』

『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

同じ人物の名言一覧