『ヒト』を最適化しよう。

ハインリッヒ・ハイネ『人間が偉大になればなるほど、罵倒の矢に当たりやすくなる。凡人には罵倒の矢さえなかなか当たらない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

批判的で天才的な文章がハイネの特徴だ。確かにハイネの言う通り。私はよく、これらの類の言葉に自分を励まされたものだ。例えばこの言葉など、いい例だ。

 

byエマーソン

Pythagoras was misunderstood, and Socrates and Jesus, and Luther, and Copernicus, and Galileo, and Newton, and every pure and wise spirit that ever took flesh. To be great is to be misunderstood….

(誤解されるのはそんなに悪いことだろうか。ピタゴラスは誤解された。 ソクラテスイエスルターコペルニクスガリレオ、 そして、ニュートンも誤解された。古今のあらゆる清純で賢明な魂も誤解を受けた。 偉大であるということは誤解されるということだ。)

 

ニーチェ やゴッホもそうだ。 あるいは坂本龍馬もそうだったという。 死後に広く認知され、あるいは価値が高まったのだ。それでいい。そうじゃないと『パレートの法則』が成り立たない。人間の8割は凡人である、という法則だ。

 

生きている間に評価が高いということは、よほど周りが天才だらけの環境だったか、あるいは誇示、営業に命を懸けていたかにすぎない。この世の中で誤解を受けている数々の可能性ある人々よ。それはあなたという『的が大きくなった』証拠だ。

 

的

 

プロはどんな距離からでも『小さな的でも中心を外さない』が、素人は的が大きくなってようやく『的外れ』な矢を射ってくる。そう考えたら、少し肩の荷が降りるだろう。自分はそれぐらい成長したのだ。むしろそれを、喜ぶべきなのだ。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。』

同じ人物の名言一覧