『後悔したくない方』はこちら

二宮金次郎『昔から方位で禍福を考えたり、月日で吉凶を説いたりすることがあって、世間ではこれを信じているが、この道理はあり得ない。禍福吉凶というものは、人それぞれの心と行ないとが招くところに来る。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

二宮金次郎のことを、正直私は侮っていた。その理由は、恐らく小学生時代からその名前を知っていて、上の写真の様に、後ろに何かを背負って本を読んでいる姿が、どことなく面白くて、馬鹿にしていた、という過去があるからだ。私の小学生の頃など、何一つ道理を理解していなかったというのに、その時に決めつけ、そしてそのまま当時の記憶として定着してしまっていた。だから侮っていたのだ。

 

 

しかしこの男、言葉を見れば見るほど、その卓越した見識には驚かされる。今回の言葉で13個目の内省記事となるが、今まで、彼の言葉で(すげえな)と思わなかったものは、一つもない。たまらず今回、そのような感想を書いてしまったほどだ。この男のことをなぜ小学生の頃から知っていたのか、ということは、彼の言葉を見れば、容易にうなづけるのである。

 

つまりこういうことだ。二宮金次郎は、『インサイド・アウト』を理解していたのである。

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

同じ人物の名言一覧