Contents|目次

西岡常一『心の糧は五感を通して心の底に映る万象を正しゅう判断して蓄えること。これが心に飯を食わせることですな。 』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

キリスト教の7つの大罪で考えるのがわかりやすいが、

 

  1. 傲慢
  2. 強欲
  3. 怠惰
  4. 憤怒
  5. 暴食
  6. 色欲
  7. 嫉妬

 

これらの負の感情、私利私欲、煩悩、邪念というものを、正直に、真正面から、今書いた通りの感情だと受け止めることが出来るか。出来るなら、もう半分自分の心を支配したようなものだ。まず、それが出来ない人間が、この世には溢れているのだから。

 

邪念

 

心が荒み、澱み、雲がかかって、闇に覆われ見えなくなった。把握できない。様子がわからない。自分の心の在り方がどう在るべきか、混乱している。パニックになる。発狂する。見失う。そしてついには、命を絶つ。

 

こういうことを防ぐために必要なのは、もうすでに書いたとおりだ。あるいは、西岡常一が言ったとおりだ。なまじ、その覆いかぶさる『闇』を神格化するからいけないのだ。確かに純粋で優しい『白』は、『黒』に触れた時、真っ黒にその色を染める。他の色では『黒』に太刀打ちできない。だが、所詮は『闇』である。闇など『光』の前には無意味である。それは空を見上げて宇宙の闇にまぎれる星の光を見ればわかることだ。

 

光

 

『心の糧は五感を通して心の底に映る万象を正しゅう判断して蓄えること。これが心に飯を食わせることですな。 』

 

これは、『自分の心に素直になる』ということである。そう考えると、見るべきなのは以下の黄金律である。

 

『「生きる」ということの本当の意味とは。』

 

本当の自分を包み隠し、感情を押し殺して自分の意見を言わない。ニーチェは言った。

 

そういう人間の精神は、本当に躍動しているだろうか。自問するべきである。『心に飯を食わせる』ということは心を躍動させたいのである。自分の心に素直に従っている人の心は躍動している。

 

ブッダは言った。

 

ブッダ

 

天上天下唯我独尊』だと。

 

この言葉の真の意味は、『この世に自分という存在は、たった一人しかいない、唯一無二の人生を、悔いなく生きるべし』ということなのである。このたった一度の人生を、悔いなく生きるべし。

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

エルバード・ハバード『友人とは、あなたについてすべてのことを知っていて、それにもかかわらずあなたを好んでいる人のことである。』 藤田田『ベストウェイ(最適な選択肢)というのは、双方の意見とは別のところにあるのではないだろうか。ディスカッションはそのベストウェイを見いだすために行われるべきだと信じている。』 ショーペン・ハウエル『才人は、誰も射ることのできない的を射る。天才は、誰にも見えない的を射る。』

 

関連する『黄金律

『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。』

『人間が戦うべき相手は外にはいない。「内」にいるのだ。』