『ヒト』を最適化しよう。

アンデルセン『家畜ですら牧場を去るべき時機を知っているが、愚かな人は自分の貪欲の制限を知らない。(その2)』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

家畜が牧場を去る時は、この世を去る時だ。何しろ、人間の食事となる。粒立てて言えば、殺されて、肉をはぎ取られ、切り刻まれて、焼かれてしまうのだ。とても残酷だが、その過程を見ている人は、だからこそ命の有難味をよく理解している。我々は皆、循環しているのだ。『生物多様性』である。

 

天敵に食べられ、大地に捨てられた野性の動物の残骸は、土壌へと返り、その栄養を蓄えた土壌は植物を累々と生い茂らせ、そこに実った木の実を食べに、また新たな動物や昆虫がやってくる。人間も、動物も、昆虫も、植物も、皆、等しく、循環している。それなのに貪欲に支配された人間はどうだ。

 

ゲーテは言った。

 

欲に支配れ執着する人間の姿こそ、この世の生命で最も醜いものである。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『足るを知る者は富む。足るを知らぬ者は貧しい。』

同じ人物の名言一覧