『ヒト』を最適化しよう。

アンデルセン『自分がみにくいアヒルだと思っていたころは、こんなたくさんの幸せがあるなんて、思ってもみなかった。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

自分が『醜いアヒルの子』、つまり『その集団の中で最も無能の烙印を押される劣等生』だと思っていれば、それはそれは、見える景色の色は暗く、逆に周囲のアヒルたちが、輝かしく光る。『劣等感』という感情に苛まれ、苛まれるということはつまり、苦しめられるということだから、それはそれは、息は苦しくて仕方がない。景色は暗いし、息は苦しい。周りだけ光って、自分だけがまるで深い海の底にいる様な強迫観念の中、人生を生きているのである。

 

だが、『白鳥』だった。いや、ここでは『白鳥だった』とは言っていない。つまり、『白鳥』でもいいし、『孔雀』でもいいし、『フラミンゴ』でもいい。とにかく重要なのは、『アヒルではなかった』ということなのである。

 

白鳥

 

だとしたら何もかもやり直しだ。『パラダイム転換』である。犬は、『青と黄色』しか識別できない。なんだ、景色が暗いのは、自分にもそういう理由があったからか。映画『モスラ』のモデルになったヨナグニサンは、口がない。栄養を採る必要がないからだ。なんだ、息苦しいのは、口がなかったからか。他と違うのは個性だ。それがわかった途端、人生を見る目が変わった。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧