『ヒト』を最適化しよう。

アンデルセン『山から遠ざかればますますその本当の姿を見ることができる。友人にしてもこれと同じである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

ソクラテスは言った。

 

ナスカの地上絵は、上空からしかその概要を把握できない”ように、見る景色を変えると、見えて来る新しい景色がある。

 

ナスカ

 

自分が見ていた景色、つまりここでいうなら人間関係は、もしかしたら離れて見ると、とんでもないカルト教団だったということもあるかもしれない。あるいは、『ある絵』の単なる一部、つまりその他大勢の一人。自分が『友人』だと思っていたその『隣にいた人たち』は、気づいたら隣にいたからすっかり仲良くなって毎日話をしていたが、実は彼らは『ある絵』の単なる一部で、自分はただその『意志のない群衆の一人』と話をしていたにすぎないのかもしれない。

 

彼らは別に、自分じゃなくても良かった。ただ隣にいたから話をしていただけだった。

 

俺達ってこれでいいんだよな?

男性

女性

私達って最高の友達だよね?

 

まるで、隣人を通して自分にそう言い聞かせるように、彼らは話をする。彼らの目の奥は必死であり、彼らを前からよく知っている自分は同情するが、彼らはただ、自分の人生の正当化のことしか頭になく、隣人の人生など、自分の人生を正当化するために利用する、単なる『その他大勢の一人』だと考えているのかもしれない。

 

それは離れて見ればわかることだ。離れて見た時、その友人が『ある絵』からはみ出そうとしていることがわかれば、彼には『意志』があり、彼が自分に言った言葉には『思いやり』があった。しかし、離れて見た時、その友人が『ある絵』の一部にすぎないことがわかれば、彼は自分の友人どころか、自分の人生すら見誤る迷走者だったのかもしれない。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『本当の友人とは。』

同じ人物の名言一覧