『ヒト』を最適化しよう。

永井荷風『詭弁はよしたまえ。つまらんパラドックスは自分で自分を不幸にするようなものだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

パラドックスとは、『逆説』という意味である。無知なのに、知者のフリをして見栄を張る。五体満足に恵まれているのに、悲劇のヒーロー・ヒロインだと思い込む。つまりパラドクスは『真実の不一致』。一致しない真実を目の前にして人々が思う感想とは、往々にして『違和感』である。

 

150cmの身長の人が、160cmだと言い張るようなものだ。年齢詐称でもいい。本人の意志だけでそうなっているわけではないかもしれないが、とにかく周囲の人がそれを見たら『違和感』として察知し、哀れで悲惨な、嘆かわしい人間だと、軽蔑するだろう。コンプレックスは誰にでもある。いいじゃないか。人と違うのは『個性』だ。エマーソンは自身のエッセイ『独立独歩』でこう言っている。

 

『だれでも教育を受けている過程で嫉妬は無知であり、模倣は自殺行為にほかならないという確信に達する時期がある。』

 

なれない存在に憧れるのは自殺行為だ。自分にしか歩けない道をひた歩くべし。そういう人は、結局最後に勝負に勝つのだ。これを『ハリネズミの概念』と呼ぶ。

 

関連リンク:ルフィ『うるせェ!!!いこう!!!!』

 

このサイトで最も難易度の高い記事だが、以下の記事を見てみる。

 

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』 『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

すると、なぜ永井荷風が『やめたまえ』と言って、その方向に行く人間を阻止するのかの理由が見えてくるようになる。その方向に行くのは、『嘘』である。

 

パブロ・ピカソは、

 

と言ったが、真理とは違う方向に芸術や空虚がある。だからよく、『これは芸術だ! 』と言って以上犯罪を犯す人間がいるが、あれはその方向に向かって歩いている自分が、確かに『芸術と同じ方向』であるために、それを曲解して援用し、勘違いしているのだ。『真理とは逆の方向』というだけで一致しているだけである。芸術と空虚はまた違う方向にあるのだ。

 

空虚

 

自分が本当にある期待道は存在する。その道を見て見ぬふりをして、周囲に流され、あるいは盲目的になり、歩くのを諦めてはならない。たとえその道を歩くと『孤独になる』と思ってもだ。孤独と『孤高』は違う。孤高の人となり、この唯一無二の命を最大限に躍動させるのだ。命を使い切る。それが人間に与えられた、使命である。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

永井荷風の名言・格言一覧