『永井荷風の言葉』を自分のものにしよう!

永井荷風とは(画像

日本作家。生誕1879年。永井荷風は、1879年に東京で生まれました。父・永井久一郎は、ボストン大学やプリンストン大学に留学経験があり、文部省、内務省、帝国大学などに勤めたエリートでした。少年時代から文学に親しんでいましたが、父の意向を汲むためにアメリカで事業を学んだもののなじめず、フランスへと単独渡航します。彼の地で上田敏と知り合い、ドビュッシーやリヒャルト・シュトラウスの音楽を知り、帰国後、『あめりか物語』『ふらんす物語』を発表します。その後、日本の表面的な近代化に反発して江戸趣味に回帰し、反俗的な文明批評を終生繰り広げました。他の代表作に『ぼく東綺譚』『断腸亭日乗』などがあります。

 

「日本人は三十の声を聞くと青春の時期が過ぎてしまったように云うけれど、情熱さえあれば人間は一生涯青春で居られる」と語る荷風は、80歳で死ぬまでストリップを愛し、カツ丼を食らい、青春を謳歌し続けました。

メニュー

内省記事一覧