『後悔したくない方』はこちら

アルベルト・シュヴァイツァー『心の灯が消えかかったとき、誰かがあかあかとした灯を差し出してくれることがある。灯を分け与えてくれる人に感謝しなくてはならない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

普通は、心の灯が消えかかった時、追い討ちをかけるようにその火を消し去り、『自分のところが明るくて暖かいからおいで』と言って、画策するものである。私の周りでもそんな人間ばかりが目についたものだ。つまり、そういう人間は常に人間を表層的にしか見ておらず、相手の火の勢いが強いときは媚び諂い、相手の火の勢いが弱まったと見れば、相手の主導権を奪って自分の下につけ、勢力を拡大する、あるいは、自分が今まで媚び諂っていた分を『取り返そうと』する。

 

小林多喜二はこう言い、

 

島崎藤村はこう言い、

 

山本五十六もこう言った。

 

そういう時に自分の消えかかった火を灯してくれる人間は、一生の友人である。

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『本当の友人とは。』

同じ人物の名言一覧