『ヒト』を最適化しよう。

アルベルト・シュヴァイツァー『認められるまでは、嘲笑される。これは真理の常である。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

なぜなら、『認められる』ということは『成功した(結果を出した)』ということだからだ。ということは、『嘲笑される』ということは『失敗を繰り返している』ということ。つまり、人間というものは、起きた現象に対して反応する生き物なのである。目の前で手品を見せれば『わぁーっ!』と騒ぎ立て、目の前をスッと素通りすれば、相手も何事も無かったように素通りする。

 

『『中国古典』の教え』の『史記』にはこうある。

『地位が上がったり下がったりすることによって、付き合いの深さが良くわかる』

こちらが調子のいい時は放っておいても人は集まるが、落ち目になると、さっと去っていく。遥か昔から今において、変わることのない愚かな習性である。(中略)『だが、初めからそれが人情だと心得ていれば、人が寄ってきたからといって喜ぶこともないし、去っていったからといって嘆くこともないのである。』

 

まずは、こうした基本的な人間心理というものを知りたい。ダイソンは5127回、エジソンは10000回だ。その間、『失敗』し続けた。しかし、彼らは諦めなかった。エジソンは言った。

 

 

この考え方が欲しいのだ。

『嘲笑されるって、そりゃあそうだろう。そんなに拍手喝采を浴びたいなら、彼らの前で手品でも見せたらどうだ。人間というものは、結果に反応するだけなのだ。失敗の過程を見てそれを評価出来る人なんて、逆に物好きな人くらいなものさ。』

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。』

同じ人物の名言一覧