目次

チャールズ・ブコウスキー『小さな種火を残し、その火を絶やさないで。種火さえあればまた燃え上がるから。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

ブコウスキーは、長い間不遇の時代を過ごした。肉体労働、郵便局員いろいろな職を転々としながら、自分のやりたいこと、いや、やるべきことをやり続けた。作家活動である。散文詩を書いては、不採用。それの繰り返しの毎日。しかし、ブコウスキーは諦めなかった。詩や短編を何百編と執筆。やがて投稿の多さから、『小雑誌の王』と知られるようになり、作品にも注目が集まり始める。

 

そして、50でようやく専業作家になることが出来たのだ。労働者のための文学として人気に火が付き、朗読会を開けば600人が詰めかけた。ブコウスキーの作品は世界中で翻訳され、30、40版を重ねた。

 

火

 

男性

諦めない。
決して屈しない。

男性

 

そう言う人はたくさんいる。その最中、辛い出来事もあるだろう。悲しい事も起こるだろう。それでも決して、自分のアイデンティティ(自分の存在を証明すること)を諦めてはならない。本当に死ぬまでにその種火が燃え上がらなかったのなら、自分の人生を、自分自身がどこかで一度、疑ってしまったのかもしれない。

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

 

関連する『黄金律

『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』

『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』

『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

同じ人物の名言一覧

チャールズ・ブコウスキーの名言・格言一覧