『ヒト』を最適化しよう。

タゴール『古い種子は生命の芽を内部に持っている。それはただ、新しい時代の土壌に蒔かれる必要があるのだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

100人ほどの人間を残して、後他の人間が絶滅したことを想像したとき、どちらにせよ、そこから人間は人生をやり直さなければならず、世界を創り上げていく必要がある。その時に、その100人の人間は、どういう話し合いをして、どういう方向に向けて、この世界を創り上げていこうと考えるだろうか。まず忘れてはならないのは、かすかに覚えている『法律』や『道徳』、そして、『四聖』に数えられる、

 

孔子

孔子

ソクラテス

ソクラテス

ブッダ

ブッダ

キリスト

キリスト

世の偉人たちの智恵である。

偉人

 

彼らが一体何をして、どんな言葉を残し、あるいは、法律や道徳は何のために存在していて、それらの根底にあるものは何だったのかを、一度立ち止まって真剣に再考するだろう。『生命の芽』が備わっている智恵と、そうでない知識とを選り分け、当然、前者を植えていこうとするだろう。ただし、次々と繁栄する子々孫々の中で、その道を間違える人間はまた必ず出て来る。しかし、それでもタゴールの言う通りだ。蒔くべき種は、生命の芽が備わっている種、それだけなのである。そうじゃなければ、人類は絶滅するからだ。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『自分のものに出来ない知識は、自分の知識とは言えない。』

同じ人物の名言一覧