『ヒト』を最適化しよう。

ダグ・ハマーショルド『人生に「よし」と言うことは、同時に自分自身に「よし」と言うことである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

しかし自分の人生に『よし』と言う事は、なかなか出来ない。そんな言葉が頭をよぎる人も大勢いるだろう。そして『よし』と言う事は、どういうことなのだろうか。ではまず、『よし』と言うために必要なのは何だろうか。卒業・入社・取得・合格、地位・名誉・財産の確保、確立、コンプレックス・弱点の克服、結婚・出産、治療・治癒・教育の達成。

 

出産

 

我々には様々な『目的、目標』があるが、これらを達成したら、『よし』と言えそうだ。そう言って、歓喜に極まる姿は想像にた易い。

 

では、人を殺してしまった人、あるいは、殺された遺族の人、また、その後の成長の可能性があるのにも関わらず、『よし(ここが限界)』と言って、可能性を打ち止めてしまった人は、本当に『よし』と言っていいのだろうか。言えるのだろうか。

 

可能性

 

どうも話がきな臭くなってきた。自分の人生に『よし』と言う。それに何か意味があるのだろうか。もちろん、ある。それを言う事で、大きな喜びに浸れるし、あるいは心を支配していた鉛の様な重さの鎖を、解き放つことが出来る。だが、いささか、『現実逃避、正当化、美化、援用、隠蔽、捏造、歪曲、曲解』という概念がある中で、この話を軽はずみに終わらせるわけにはいかなさそうだ。

 

ブッダは言った。

 

ブッダ

 

 

元々人間は死ぬ。その中で、『よし』と太鼓判を押して奮起させることは、確かに、生きる勢いを増すことの出来る、カタパルトのようなものである。だが、究極的に考え、前述したような不遇の環境に生きる人も含めて、人間全体を考えるとなると、

 

 

ということなのかもしれない。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』