『後悔したくない方』はこちら

タキトゥス『人間は地位が高くなるほど、足もとが滑りやすくなる。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

人間が油断するのは、目的を達成したときだ。激しいリレー走や、長い長いマラソンのゴールテープを切った時、無事に出産した時や、年末に仕事が終わった時、どれもこれも、共通しているのは『目的の達成』であり、『一段落』であり、そしてそこに付随して共通するのは『油断』である。

 

 

足に力が入らなくなったり、風邪を引いたり体調を崩したり、いずれにせよ、人間の足下というものは、油断すればするほど滑りやすくなり、その油断するタイミングは、往々にして目的を達成した時、あるいは心が軽薄な時である。とにかく気を引き締めていないのだ。『勝って兜の緒を締めよ』という言葉の意味はどういうことかというと、

『戦いに勝って、ほっと一息ついて兜を脱いだとき、ふいに敵が襲ってくるかもしれないから、勝ったとしても油断せず、さらに用心せよ』

 

という意味だ。そしてそれならもう一つの解釈ができるが、

『戦で、勝負に勝ったのはいいが、勝利の美酒に酔いしれ、兜をしているのをわすれ、許容範囲を超えた体勢を取ってしまい、兜が後ろにずり落ち、あるいは敵に引っ張られ、それをささえる紐で首を絞められて死んだ』

 

という、なんとも残念が事態があったことも想像できるわけである。勝利の美酒に酔いしれることだけに支配され、兜の緒で首を絞められて死んでしまっては、笑い者である。

 

勝って奢らず、負けて腐らず。

 

この教訓を頭に刻み込みたい。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。』

同じ人物の名言一覧