『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

黒澤明『人間自分の苦労に正比例して価値判断をしてはならない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

黒澤明はこうも言った。

 

詳しくはリンク先の記事に書いたが、彼ほど道を究めた人間が、そう言うのだ。いや、『だからこそ』と言っていいだろう。記事中にある全ての『プロ』達も、そう口を揃える。

 

国際法の父、グロティウスは言った。

 

『俺は(私は)やるだけのことをやったから偉い』と、評価したくなる気持ちは痛いほどわかる。私も、よく不当な評価を受けて、この半生を生きて来た。しかし、そういうときは、たとえばパレートの法則』を思い出すのだ。周り(80%)の人間の評価が常に正しいものとは、限らないのだ。

 

パレート

 

広告の神、クロード・ホプキンズは言った。

 

だから気にする必要はない。憂う必要はない。そして、奢る必要もないのだ。

 

イチローは言った。

 

自分の歩くべき道を、ひた歩くべし。

 

ひた歩く

 

いいんだ。自分がやりたくてやったんだ。だから誰かにそれを評価されなくたって別にいい。元々人に評価されるためにやっていたのではないのだ。そう考えれば、

 

(これだけやったのに何で評価してくれないんだ!)

 

と憤慨することもなくなるだろう。また例えば、この言葉を逆に『人に評価してもらうため』の考え方だと思って解釈をしてみる。すると、

 

(これだけやったのに何で評価してくれないんだ!俺は10億円分ぐらいの努力をしたんだ!それが正当に評価されるべきだ!)

 

と思う人間がそこにいたとき、この言葉がある境地に連れていってくれる。

 

『人間自分の苦労に正比例して価値判断をしてはならない。』

 

つまり、『自分がどれだけそれに力を注いだかはわからないが、だからといってその作品を君の言う10億円で買うことはできない』ということなのである。物の価値を決めるのは、それを作った人ではなく、それを買う人だからだ。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『知者?無知者?自分が振る舞っている人格はどっちだ。』

同じ人物の名言一覧