『ヒト』を最適化しよう。

セネカ『険しい道こそが、偉大なる高さに結びつくのである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

安易な道がある。それは往々にして、『偉大なる高さに登る』ことを目的とした人が通る道ではない。無事に行って帰ってこれる確証が高い道。それを選ぶ道の目的は、『挑戦』ではなく、『経験』。その経験を通して、人生の充実を図りたいのである。何しろ、険しい山道は、とても危険だ。

 

人間の力を過信して大自然の力を侮ると、大変なことになる。私もそういう時期があり、それはそれは大変な目に遭った。命を落とした人もいる。それが、大自然の備え持つ甚大な実力である。そう考えた時、大自然に挑戦するということは、人間としてギリギリの行為だ。何も、危険な目に遭ってまで険しい道に挑戦する必要はない。『険しい道』にも『高い場所』にも、魅力を感じないのだ。人々は皆、そう考えるのである。

 

だが、ナスカの地上絵は、上空からしかその概要を把握できない。これは一体、何を意味するだろうか。

 

ソクラテスは言った。

ソクラテス

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。』

同じ人物の名言一覧