『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

シェイクスピア『避けることができないものは抱擁してしまわなければならない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

抱擁(ほうよう)』というのは、『親愛して抱きかかえるということ』である。『親愛』とは文字通り『親しみを感じて愛する』ことだから、『避けることが出来ないもの』の表現をやめ、『親しんで愛すべきもの』という表現に変えるべし、という戒めである。例えば私は、17歳で父親を亡くした。部下の場合は、幼少の頃に交通事故で兄を亡くした。さて、我々にとってこれらの事実は『悲劇』なのか、あるいは『喜劇』なのだろうか。

 

『受け入れられない』ならそれは『悲劇』だ。『受け入れて教訓を得る』ならそれは『喜劇』だ。ここでいう喜劇は、『こっけいなもの』ではなく『最終的に幸福な形で終わる劇』であり、つまり『教訓を得る』なら、事実は悲しいが、しかし受け入れ、教訓を得て、糧になり、それは文字通り、知となり血となり、肉となったのだ。

 

宮崎駿の映画『もののけ姫』にはこういう二つの言葉がある。

『人はいずれ死ぬ。早いか遅いかというだけだ。』

『誰にも運命は変えられぬ。だが、ただ待つか自ら赴くかは決められる。』

 

こと私のことで言うならば、私は父を早くに亡くして、心から良かったと思っている。この人生が有限だという事を心底から理解し、『悔いの無い人生』を生きるよう、決意することが出来たからだ。つまりは主体性であり、インサイド・アウト発想が問われている。もし悲観的に、アウトサイド・インの発想で残酷な事実と向き合ったのなら、そりゃあ誰でも『避けることができない』と悲観視してしまうだろう。それを打ち破るのが人間のプライドだ。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

同じ人物の名言一覧