『ヒト』を最適化しよう。

サン・テグジュペリ『生きているということは、徐々に生まれることである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

フィリピンの諺にはこうある。

 

つまり、生きているということ、それだけでは、『人』として定義づけることは出来ない。

 

ルソーは言った。

 

呼吸しているだけでは、それは『生息』である。

 

オスカー・ワイルドは言った。

 

生息しているだけというのは、存在しているだけということ。つまりそれ=『人として成立』ということにはならない。寝たきりの病気の人はもちろん置いておいて、例えば『人』なら、めったやたらに人を殺したり、傷つけたりすることはしないはずだ。『人』なら、動物と昆虫と植物について、どう考えるべきだろうか。『人』は、どこまでやっていいのだろうか。技術の進化を追いかけることは『エゴ』ではないのか。それで『エコ』がないがしろにされることはないのか。

 

 

それで地球が壊滅することになるなら、そこに『人』はいなかったのである。『人』には心がある。心がある人なら、他を傷つけない。環境を傷つけ、生命を傷つけ、結果的に人間をも傷つける未来を招く人間に、『心』があると言えるかどうか、首をかしげざるを得ない。

 

ルソーは言った。

 

我々はまず、出生する。そして、呼吸し、生息するが、『人』として生まれたのだ。そのことに徐々に気づいていき、大義を見つけてそれを全うする。そうして最高のバトンを子々孫々へと繋いでいくのだ。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

サン・テグジュペリの名言・格言一覧