Contents|目次

芥川龍之介『道徳の与えたる恩恵は時間と労力との節約である。道徳の与えたる損害は完全なる良心の麻痺である。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『道徳』という概念があれば、それを教育し、伝えることが出来、その後に続く人々は、その前にいた人々が突き詰める為に使った時間と労力を、節約できる。『先生』とは、『先に生まれた者』という意味で、『後生』はその逆なわけだが、全ての先生は、後生に対して、自分たちの更に先生から受け継いだ道徳や規範意識を伝え、『教育』という責務を果たしてきたわけである。それはとても合理的だ。例えば、会社を最初軌道に乗せることは難しいが、乗った後は、どんどん規模の拡大をしていき、生産性を上げていけば売り上げが上がる、というシステムに似ている。

 

 

しかし、それにはデメリットがある。それが『主体性の欠如』だ。芥川の言う『完全なる良心』は、『完全な正義』が存在しないこの世の中で、当てはまることがあるとしたら、この『主体性』である。自らが、自らの頭と心で考えて捻出した良心には、『意志』がある。それこそは、その人にとっての『完全なる良心』であり、例えば、道端で迷子の子供が泣いて助けを求めているのを見ても、(それは教わっていない)として、見て見ぬフリをするその人物に、『完全なる良心』はない。あるのは『植え付けられた常識』だ。

 

だとすると、道徳でも何でもそれを教育する際、『時間と労力の節約』が出来るメリットがある一方、それを主体的に捻出する時に生まれるはずの、『本当の良心』というものが埋没するデメリットがあることが、浮き彫りになってくるわけである。

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

チャールズ・ブコウスキー『書くことの目的はまず第一に、愚かな自分自身の救済だ。』 ジョン・スタインベック『財が少数のものの手によって蓄えられると、それは奪い去られる。』 ゴッホ『確信を持つこと、いや確信を持っているかのように行動せよ。そうすれば次第に本物の確信が生まれてくる。』

 

関連する『黄金律

『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。』

『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。』

同じ人物の名言一覧

芥川龍之介の名言・格言一覧