Contents|目次

芥川龍之介『人生は地獄よりも地獄的である。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

いや、そもそも『地獄』など存在しないのだ。あるいは、作家、五木寛之の著書『大河の一滴』には、

『地獄は、場所ではない。それらが出来ない執着にまみれた醜い人間が生活する世界のことを、地獄という』

 

ということが書いてある。つまり、『地獄』という場所があるわけではなく、この世そのものが地獄(奴隷制度、身分差別、理不尽な死、不治の病、歪曲した人間の心がまかり通る世界)であり、

 

こんな世界があっていいわけがない。きっと死んだら(あるいは天には)天国があり、そこでは人間が報われるようになっているのだ。そうに決まっている。

 

という『願い』が、『天国と地獄』を想像させた可能性が極めて高いのである。特に、幾多の宗教が生まれた時代は、その混沌の勢いが秩序を凌駕していた。だとしたら、芥川龍之介の言葉は的を外している。『人生自体が地獄』なのであり、しかし、それを『天国と思っている人もいる』ことから、この世に天国と地獄があるとしたらそれは相対的であり、単なる個人の一時的な『感想』である。

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

岸田秀『将来の計画でしか現実を価値づけられないのは虚しい。今を生きて、行き当りばったりでいけばいい。』 ガウディ『何千年も前からハエは飛んでるけど、人間が飛行機を作ったのはつい最近になってからだ。』 ヘルダーリン『人生の描く線は、道のように、また山々の境のように、様々だ。』

 

関連する『黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』

『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』

『「生きる」ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

芥川龍之介の名言・格言一覧