『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

コペルニクス『太陽は宇宙の中心であって不動であり、太陽の運動と見えるものは全て実は地球の運動である。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

しかし、この当時のコペルニクスがこう言ったように、太陽は宇宙の中心ではなかった。だが、『地動説』の方は合っていた。例えば、ガリレオコペルニクスが『地動説』を説くまでは、キリスト教で信じられていた『天動説』が常識だった。

 

画像

 

しかし真実は、『地動説』に近かったわけで、

 

画像

 

更には、地球も太陽も、宇宙の真ん中ではなかったのだ。しかし、この時代の人間は、『天動説を信じていた(間違った事実を、真実だと勘違いしていた)』のである。コペルニクス的転回。今、当たり前のものだと思って疑っていない全ての常識を、疑うと確かに、『不安』になる。なぜなら、それにつれて『未開拓領域』が増えるからだ。『空白』が広がってしまう。

 

そこにあるのは得体のしれない『虚無』である。その虚無が、人間の精神を鬱勃とさせ、不安定にさせるのだ。だから人間は皆、『常識という枠内』に収まることを求め、その『安住の地』で穏便に生活することを望む。革新的な動きは嫌いだ。彼ら保守派は、『穏便』にしなければ、今、自分が安住の地だと思い込んでいる場所が、『妄想』だったという決定的な事実から、目を逸らせなくなってしまうからだ。

 

しかし、実際はその『枠』の範囲を広げているのが学者だ。コペルニクスも、『太陽は宇宙の中心だ』と叫んだときには、まだその枠の開拓工事の真っ最中で、おぼろげだった。しかし、その工事のブレが補修され、落ち着いた頃、全容が見えた。天動説ではなく、地動説が正しく、太陽も、宇宙の真ん中ではなかった。それは、かつてその安住の地に生きる人間の常識に同調せず、自らの意志で範囲を開拓しようと試みた、一人の人間の改革が切り開いた、『枠』だった。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。』

同じ人物の名言一覧