『ヒト』を最適化しよう。

後藤清一『間違った。と思ったら、未練を残さず出直せ!そのときは失うものがいかに大きくとも、出直しによって今後得るものに比べれば、何ほどのこともなかろう。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

幕末最大の知識人、佐久間象山は言う。

 

孔子は言う。

 

偉人は皆、取るべき行動がわかっている。取るべき行動がわかっているということは、『人間は失敗するものだと最初からわかっている』ということである。だからすぐに対応できる。すぐに対応できない人間は、そのことを理解していない、あるいは『自分に限って』と過信し、受け入れていない人間である。過信している人間に未来はない。あるのは『膨張』だ。膨張は破裂する。『成長』出来る人間は、人間を直視する人間だけである。この『膨張と成長の違い』を理解していない人間は星の数ほどいる。そして、これからも未来永劫、人間がいる限りそういう人間がこの世から消えることはないだろう。

 

人間にはそれぞれ、生まれた環境がある。この世にはお金があって、環境には差異がある。体格や言語は異なり、価値観や宗教が乱立する。そして何より、この人生はたった一度しかない。そのような決定的な事実をそれぞれで独自解釈し、自分なりの羅針盤でもって、この世を生き貫こうとする。しかし、その『独自解釈』こそがこの世に混沌と闇を生じさせる。そのうちの一つが『過信』であり、『誤謬』である。

 

誤謬

 

この世で人間が道に迷ったときは、思い切って振出しに戻ることも必要だ。それが出来るのも一生のうちに与えられた権利だ。死んだ人はやり直すことも、生きることに悩むこともできない。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『失敗をすぐに認められるか、それとも隠蔽するかで人間の価値は決まる。』