目次

川端康成『一生の間に一人の人間でも幸福にすることが出来れば、自分の幸福なのだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

この世に生まれて、すぐに死んでしまう命がある。どんな理由かは言うまでもない。言う必要のない、愚かなことだし、あるいは、哀れなことだし、可哀想なことであり、憂うべきことであり、悲しいことであり、辛いことである。私の知人にもいる。悲しい命や、許せない親。途中で命を絶った者もいるし、若くして衰弱死した者もいる。

 

明石家さんまは言った。

 

この、どうせ散り行く儚い運命に生まれた人間は、生きている間に何をして、何を遺し、どう死んでいけばいいのだろうか。『命を使い切る』ということは、どういうことなのだろうか。

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

 

関連する『黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』

『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』

『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

川端康成の名言・格言一覧