『後悔したくない方』はこちら

カルロス・ゴーン『利益を上げようと努力しないで、どうやって利益を得ることができるでしょう? 魔法でも使わない限り、そんなことはできません。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『もし、利益の追求が会社の基本的な目的となっていないのであれば、利益がもたらされるというのは偶然の結果でしかありません。利益を上げようと努力しないで、どうやって利益を得ることができるでしょう?魔法でも使わない限り、そんなことはできません。』

 

 

利益というものは、往々にして狙って得るものだ。こと会社の利益ということになれば、尚のことそうだ。『棚から牡丹餅』の考え方、そして『完全なる利他』の発想では、会社を成り立たせることが出来ない。従業員の給料を払う為にも、利益を上げることは大前提として考えなければならない。広島のメガネチェーン『21』の取締役、平本清の著書、『会社にお金を残さない!』にはこうある。

元来、私は『お客様のため』とか『顧客第一主義』という言葉を全く信用していません。『本当にお客様のためを思うなら、タダでメガネを配ったらいい!』と思っているほどです。

 

彼の言う通り、『ボランティア』の選択肢だってあるわけだ。しかし、金をとる。だとしたら、そこにあるのは間違いなく『顧客第一主義』ではなく、まず自社の利益を大前提として考えているわけであり、綺麗ごとではなく、ビジネスをやっているということを、強く自覚する必要がある。

 

以前の私なら、ドストエフスキーのこの言葉で書いたように、

 

これらの事実を曲解して、援用し、拝金的な発想をしたことだろう。だが、『その方向』にいかずに、淡々とこれらの事実を理解し、利益を狙うことが出来たなら、それに伴って結果もついてくるだろう。利益を出すことについて葛藤をする人はいるだろう。しかし、その利益を社会に還元するとなれば、どうだろうか。私も葛藤した人間だが、その道の中で、

 

孔子の教えである、

孔子

 

義利合一』の考え方に辿り着いた。利を追い求めながら、義を軽んじないことは可能なのだ。義利合一の精神を念頭に置き、利益を上げていきたい。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

同じ人物の名言一覧

カルロス・ゴーンの名言・格言一覧