『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

鍵山秀三郎『無私の心を自分で確立するのは、実はそれほどむずかしいことではありません。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『無私の心を自分で確立するのは、実はそれほどむずかしいことではありません。どうすればよいかと言うと、自分の得にならないことをできるだけやっていく、ということに尽きるのです。』

 

普通、自分の得になるようなことを常に念頭に置くものである。それが人間というものだ。子供とて、お菓子をもらったら嬉しい。それに踊らされて、コントロールされてしまうものである。

 

 

ここで考えたいのは、ゲーテの言葉だ。

 

なるほど。これこそが、知性だ。『立ち止まり、考える』ことが、知性なのである。それが出来ない人間は、全てこれらのインセンティブ(報酬)に誘導され、支配される。無私の心というのは、克己心だ。自分の心の内に巣食う強い本能の衝動に打ち克ち、利他の精神を重んじる。一見すると、達観した仙人や、

 

ブッダの様な人間にしかできない荒技に思えるが、

 

ブッダ

 

『実はそれほどむずかしいことではありません』と鍵山は言う。しかし、そう言っておきながら、『自分の得にならないことをしていく』と言うのだから、それはちょっとわかりづらい。そうではなく、『損得』へのパラダイム転換(考え方を変える)をするべきなのである。例えば、鍵山は掃除を率先して行うわけだが、例えば、自分の敷地とは関係ないところを掃除するとする。そうなると普通、その掃除は『自分の得にならない』わけだが、考え方を変えて、『この地球は全て人間(自分を含める)の財産だ』と思えば、そこを掃除することは『損』ではなく、『得』なのだ。『自分にとって得なこと』だったら、率先して出来るだろう。

 

稲盛和夫も、

 

と言ったが、損得へのパラダイム転換の方を推薦したい。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『愛があれば全ては解決する。』 『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。』

同じ人物の名言一覧