『ヒト』を最適化しよう。

大佛次郎『忙しい世の中だが、過去の時間や、真実、美しいものに没入して味わう為には歩いていくのが大切である。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

『忙しい』と言っていることで、まず、忙しなく流れていく時間の流れや、日常の生活を想像することになる。だが、その流れに身を任せてしまうと反応的になり、それはつまり主体的ではない。『歩く』というのは、力強い言葉である。これが『流れる』であれば、反応的であり、受動的であるが、歩くとなると、自分の意志で一歩を踏み出す、という印象が強い。

 

そう考えると、この言葉の意味が何となく見えて来る。

『流されるな。自分の確固たる意志でもって今日の一歩を踏み出し、主体的に人生を生きるべし。』

 

というメッセージが垣間見えてくるのである。過去の時間、真実、美しいものということに没入して味わうということになると、尚のことそうだ。忙しなく流れる日常に身を任せ、それに反応してばかりいる人生では、それを味わうことはできない。自分にしか踏み出せない確かな一歩を今日も踏み出し、人生を生き貫きたい。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』 『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』

同じ人物の名言一覧

大佛次郎の名言・格言一覧