『後悔したくない方』はこちら

ミハイル・ゴルバチョフ『すでに期限切れとなった改革を貫き通すには、全身全霊で事に当たり、もてる力をすべて集中しなければならなかった。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

大胆な『グラスノスチ(情報公開)』とペレストロイカ運動によって、民主化と自由化の大改革を断交。40年にわたる東西冷戦を終結させたのが、ゴルバチョフ元大統領である。ノーベル平和賞をもらって当然の彼の偉業は、歴史的にもとても有意義なものである。

 

野心を持って自分の人生に革命を起こそうと奮起する者は大勢いるが、なぜか、彼らの人生は、彼ほどの歴史的価値を感じない。つまり、『猛者』や『要注意人物』はこの世を見渡せばたくさんいるが、『偉人』や『傑物』と言われる人間は、一握りしかいないのだ。

 

冷静に考えればわかるはずだ。前者は、『人を殺して武器や麻薬を密売し、億万長者になった人間』も該当するが、後者はそういう人物は完全に排除されることになる。それだけ、人類に平和をもたらすということは、争いをやめさせるということは、崇高なことであり、生半可な覚悟を持った人間にはできないということだ。

 

自分の命が削れてもいい。そういう覚悟を持った人間は、強い。そういう人は、『自分の命を使い切る』ことが出来る。しかし『自分の命が潤えばいい』とだけ思っている人間は、そもそも全身全霊で事に当たることができないのである。

 

火

 

出来るとしたら、せいぜい自分の命を『刹那的に』潤すことぐらいだ。

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』 『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

同じ人物の名言一覧