『ヒト』を最適化しよう。

大杉栄『失敗はなお無為にまさる。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

儒教の始祖、孔子は、

 

と言っている。あるいは、オリックスグループの会長、宮内義彦は、

 

と言っているし、旭化成中興の祖、宮崎輝は、

 

と言っている。何しろ我々は、わけのわからないところで用を足し、わけのわからない有機物を口にしていた。そうした失敗を積み重ね、学び、そして今があるのだ。失敗が無ければ、それが本当にダメなことかどうか、理解しない。それが人間というものだ。理解しなければ、一生心のどこかで、

 

(いや、あの手は本当にダメなのか)

 

などと言って、『やらない言い訳』として、自分を匿い続ける。天才発明家、エジソンは言う。

 

そもそも、『失敗』ではないのだ。『本当に間違っているかを確かめる確認作業』なのである。それを怠るということはつまり、『その在り方が正しいかどうか』を胸を張って言えないということになり、そんな人間にプロフェッショナルはいないのであるいいんだ。失敗して。それは挑戦した証だ。たった一度のこの人生で勝負に出た証だ。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『失敗をすぐに認められるか、それとも隠蔽するかで人間の価値は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』

同じ人物の名言一覧