Contents|目次

パブロ・ピカソ『アクシデントが起きると、人はそれを変えようとするが、人には変えることが出来ない。アクシデントが人の内面を明らかにするだけだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

人が3つ出てきているが、まずこういう解釈が出来る。最初の『人』は、自分も他人も含めた、全ての人だ。そして次の『人』は、他人だ。つまり、アクシデントが起きると、往々にして人間というものは、それを変えようと試みるわけだが、それを変えることが出来るのは本人だけで、他人ではどうしようもない。アクシデントは、その人の内面を明らかにしたわけであり、内面が変わらなければ変わることが出来ないから、他人にはどうしようもないのである。

 

だが、この解釈ではちょっと違和感がある。だとしたら次はこうだ。前述した解釈は全てなかったことにして、『人』は、別に深く考えず、自分であり、他人であり、全てだ。『人というものは』などというときに使うときと同じ解釈である。その『人』だが、アクシデントが起きた時、その『アクシデント自体』を変えようとするが、人が変えられるのはアクシデント、といった『起きてしまった事実』ではなく、『自分の内面だけ』なのであるということ。

 

こっちの解釈の方が正しそうである。

 

ブッダは言った。

ブッダ

 

『木をノコギリで切り倒しても、その根っこが強力なら再びニョキニョキ生えてくる。それに似て、君の心に巣食った欠乏感があまりに強力な呪いであるがゆえ、一時的に落ち着いても根は生きているから、すぐにまたニョキニョキと伸び、苦しくなり、『足りなく』なる。』

 

視点を変えるのだ。視点を『外』から『内』へ変える。『起きた事実』を変えることはできない。そうではなく、そこに責任転嫁をするのではなく、それの後始末に追われる考え方への依存から脱却し、自分の心を変えるのだ。そうすれば、『そのアクシデント』はもう二度と起きない。何しろ、『その心』でいたからこそ、そのアクシデントは起きたのだ。これを、『インサイド・アウト』の発想と言う。

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

ギッシング『人々はお金で貴いものは買えないという。そういう決り文句こそ、貧乏を経験したことのない何よりの証拠だ。』 ホラティウス『お前の分別に一粒の愚かさを混ぜておきたまえ。時をみて馬鹿なことをするのもよいことだ。』 竹村健一『見栄や気負いもなく、無欲恬淡に手当たり次第のことをやってきた。他人に笑われることを恐れなくなったおかげで、本当にいろいろなことができた。』

 

関連する『黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

同じ人物の名言一覧

パブロ・ピカソの名言・格言一覧