名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> >

 

ロロノア・ゾロ 名言

ワンピース名言
画像:『STRONG WORDS(上巻)

知性

ロロノア・ゾロとは

麦わらの一味。『海賊狩りのゾロ』。

ONE PIECE.comキャラクターリスト⇒『ロロノア・ゾロ』。

 

 

 

スポンサーリンク

 

ロロノア・ゾロの言葉

 

『命なんてとうに捨ててる。このおれをバカと呼んでいいのはそれを決めたおれだけだ』

 

自分の人生は、過去未来永劫、たった一つしかない。この100億年の寿命の地球の中、10兆人の人間がこの世で息をしたとしても、2度と同じ人間は、存在しない。生まれた瞬間にバカな親に捨てられ、それをマフィアやヤクザ、時にはオオカミが拾って育てたとする。

>>続きを見る

 

『頼む…俺に剣を教えてくれ!!……お前を越えるため…!!』

 

プライドが高く、誰にも何にも屈せず、その誇りを人生の指針にしているような人間が、自分のプライドよりも大切なことを見つけられたら、命を懸ける。

>>続きを見る

 

『おれはこの先剣士と名乗る野郎には、たった一度でも敗ける訳にはいかねぇんだ!!』

 

私はずいぶん前から『ホームとアウェイのからくり』を疑ってきて、脳科学者も、私と同じ見解だと知ってからは、ますます私の意見に説得力がついた。

>>続きを見る

 

『天国までおれの名前が届くように、世界一強い大剣豪になるからさ!!』

 

人間の性格や人格、それには理由がある。先天性のものではないのだ。全ての人が、同じように同じ環境で生まれ、育ったら、同じ人格の人間になるのだ。 それは、生まれたての赤ん坊を見たことがある人なら、皆、思うことだ。

>>続きを見る

 

『剣士たる者いかなる時も 酒に呑まれるようなバカはやらねぇもんさ』

 

人類最古の時代、100万年も200万年も前、旧石器時代から人間は戦っていた。石器、青銅、鉄、セラミック、鉱石をもってして更に硬い鉱石を削り、磨き上げ、長い時代を経て、人間の進化とともに、より実践的な打刀(うちがたな)や脇差(わきさし)へと姿かたちを変えていくが、 明治9年(1876年)に、廃刀令によって帯刀は禁止された。

>>続きを見る

 

『どうせ死ぬんだ。見苦しくあがいてみようじゃねぇか』

 

自分にはなんのとりえもない?自分にはもう選択肢がない?では、五体不満足の人の前で言ってみよう。『私には、何を成し遂げる力もありません。』

>>続きを見る

 

『死んだ刀だ "雪走" ついでに供養させてくれ』

 

人間や動物や昆虫はもちろん、植物も、微生物も、この世にはあらゆる生命が存在し、皆、平等に生きている。『生物多様性』である。地球の生き物はそうやって循環して、成り立っている。

>>続きを見る

 

『てめえの正義もさぞ重かろうが、こっちも色々背負ってんだよ』

 

 

この世には、実に幾多の正義と、愛と力と、栄光が在る。何が一番正しいかって?どれが一番優れているかって?

>>続きを見る

 

『三本でも、俺とお前の剣の一本の重みは同じじゃねぇよ』

 

雌雄を決めるのは、"数"じゃない。そのヒントは至る所にあるはずだ。『ビッグカンパニーではなく、グッドカンパニーになれ』『成長と、膨張は違う』『赤壁の闘い(レッドクリフ)』

>>続きを見る

 

『普通でいるわけにはいかねぇんだ!』

 

"普通"になりたいなら、普通の選択肢を選べばいい。『△』や、『どちらでもない』を選び、いつだって"安全牌"を切ることを考えていればいい。その代わり、収入、経験、体力、知識、そのいずれでも平均値を上回れると思わないことだ。

>>続きを見る

 

『礼を言う。俺はまだまだ強くなれる。』

 

人を強くするもの、それは逆境である。それを乗り越えていく為には"力"が必要になる。 例えば、病に侵された時は、それと闘う"免疫力"が身体になければならない。そうじゃないと、身体はたちまち病に毒され、侵されていく。

>>続きを見る

 

『このおれの命一つで!!勘弁して貰いてぇ……!!!』

 

私は一度忠誠を決めたら、見ているところでも見ていないところでも、断固として裏切らない性質であるが、これまでの半生、命を掛けたくなるような人間にはめったに出会わなかった。本物志向である私は、たとえ超絶的な影響力のある"四聖"であろうと、

>>続きを見る

 

『背中の傷は、剣士の恥だ』

 

人も動物も、下を向くか上を向くかで"強さ"が決まる。たったそれだけだ。『刑務所の鉄格子の間から、二人の男が外を見た。一人は泥を眺め、一人は星を眺めた。』

>>続きを見る

 

『言い訳したらどなたか助けてくれんのか? 死んだらおれはただそこまでの男……!!』

 

私は20~23歳の頃、mixi全盛期だったころ、よくこの言葉を使っていた。『死ぬ気でやってダメだったら、どっちみち俺はそこまでの人間だったということだ。』のらりくらりと生きる人生にうんざりし始めていた矢先である。

>>続きを見る

 

『もし死んだら殺してやる…』

 

私もよく、臆病な人達から煙たがれたり、怖がられたりする。もちろん、尊敬されたり、羨ましがられたり、嫉妬されたりもするが、いちいちそういう人間の本性を見るのは嫌だから普段は『無』でいることが多かった。

>>続きを見る

 

『悪ぃがおれは "神"に祈ったことはねぇ』

 

このテーマについて語ると私は躍起になる。私の親がクリスチャンで、聖書を読み日曜に教会に行くのに、『私がやっているのは宗教じゃない』と言い張り(いまだに)、それを私に"押し付け"、"強要"し、物ごころつく前に"洗脳"(あえてこの言葉を選んでいる)し、それを強いたからである。

>>続きを見る

 

『刀一本でいい…おれの刀を持って来い 全部斬っちまう』

 

『状況』にぶつかったとき、 『状況』にいると気づいたとき、 その『状況』に身を任せる人と、そうじゃない人に分かれる。例えば赤信号で止まっているとき、横一線にたくさんの人が信号を待っているという『状況』。

>>続きを見る

 

『手柄はお前のもんだ…』

 

手柄は譲ってあげる方が、当然器が大きい。 自分の私利私欲や手柄よりも人を優先する。 それが出来るのは、本当に器が大きいと言っていいだろう。

>>続きを見る

 

『カエルかと思ったよ 井の中のよ…!!!』

 

私の周りには『主体性』を放棄し、 『その他大勢の一人』に成り下がり、 『大人数が乗船している大きな船』に乗って、 自分の人生が順風満帆だと思っている人間がいる。

>>続きを見る

 

スポンサーリンク

 

同じ麦わらの一味

  • ウソップ
  • サンジ
  • ゾロ
  • チョッパー
  • ナミ
  • フランキー
  • ブルック
  • ルフィ
  • ロビン
  •  

    師匠

  • コウシロウ
  •  

    かつての舎弟

  • ヨサク&ジョニー
  •  

    目標

  • 鷹の目
  •  

    気がかり

  • たしぎ
  •  

    旅の友

  • ゴーイング・メリー号
  • ビビ
  • ↑ページの上部へ

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    最新記事をチェック

    『人類の永久保存版』の名に恥じない、『8,000の名言を通して捻出された38の黄金律』の最新情報をチェック!

     

     

    シェア

     

    広告

     

    ↑ PAGE TOP