名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

ヒルティ 名言/格言

ヒルティ

 

カール・ヒルティとは(画像

スイス法学者。生誕1833年

 

 

スポンサーリンク

 

ヒルティの言葉

 

『人生において最も絶えがたいことは悪天候が続くことではなく、雲一つ無い晴天が続くことである。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

人間は『慣れ』てしまうものだ。だから大好きな焼肉も、連続で食べるなら3日目にはもう飽きている。

>>続きを見る

 

『常に今日のためにのみ働く習慣をつくるがよい。明日はひとりでにやってくる。そしてそれとともに新しい明日の力もまた来るのである。』

 

カテゴリー:自己/精神

イチローは言う。『僕は天才ではない。僕は、毎日自分がやるべきことを、やり続けているだけだ。』あるいは、記者とのやり取りにこういうものがある。記者『イチロー選手は、なぜ同じ毎日の繰り返しで、

>>続きを見る

 

『時には敵の方が正しいこともある。というのは、人間の心は生まれつきはなはだ利己的であって、どんな論難攻撃をもすべて自分に対する侮辱だと感じるからである。』

 

カテゴリー:自己/精神

分析心理学の創始者、ユングは言う。『ある人に合う靴も、別の人には窮屈である。あらゆるケースに適用する人生の秘訣などない。』エレノア・ルーズヴェルト元大統領夫人は言う。『自分が正しいと思うことをすればよろしい。しても悪く言われ、 しなくても悪く言われる。どちらにせよ批判を免れることはできない。』 『正義とは』なんだろうか。

>>続きを見る

 

『諸君にとって最も容易なものから始めたまえ。ともかくも始めることだ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

ゲーテは言う。『最善の努力をしてみよう。その結果は努力しないよりもはるかによい結果が得られるはずだ。』そこに書いたが、誰だって気が遠くなるほど高い目標を見上げた時

>>続きを見る

 

『多すぎる休息は、少なすぎる休息と同じように疲労させる。』

 

カテゴリー:自己/精神

しかし休息の取る量は、その人の性質によって変わってくる。例えば『良質な休息方法』の取り方が分かっている人は、ほんの少しだけ寝転がり、目を閉じただけでも身体を回復させ、

>>続きを見る

 

『高慢は常に破滅の一歩手前であらわれる。高慢になる人はもう勝負に負けている。』

 

カテゴリー:自己/精神

人間たるもの、謙虚さを忘れて思い上がり、傲慢不遜に成り下がった瞬間に、腐敗は始まっていると自覚しなければならない。かつて、JALこと日本航空が破綻したとき、

>>続きを見る

 

『人間の最も偉大な力とは、その一番の弱点を克服したところから生まれてくるものである。』

 

カテゴリー:自己/精神

それは『一番の弱点』を克服するのだから、当然そこには『弱点を克服した人』がいるに決まっているわけだ。

>>続きを見る

 

『女は自分を求める人を求めはしない。むしろ若干冷淡な態度をとる人を求める。』

 

カテゴリー:知性/知恵

ツルゲーネフはこう言い、『情熱家より、冷淡な男のほうが簡単に女に夢中になるものだ。』プーシキンは言った。

>>続きを見る

 

『自分の仕事に我を忘れて、完全に没頭できる人が、もっとも幸福である。』

 

カテゴリー:成功/幸福

『自分の仕事に我を忘れて、完全に没頭できる人が、もっとも幸福である。』ヒルティのこの言葉を裏打ちする偉人の言葉は、出揃っている。

>>続きを見る

 

『愛は全てに打ち克つ。』

 

カテゴリー:教育/愛情

リルケは言った。『誰かを愛すること、これは私たちに課せられた最も困難な試練です。すべての努力はそのためにある。』そこにも書いたが、

>>続きを見る

 

『宗教は生命の塩であり、力である。』

 

カテゴリー:宗教/信仰

塩というものは、岩や海から採れるものである。岩塩や、海の塩のことだ。あれらは元々、『人間が食す調味料』として存在していたのではなく、人間が、それを食せるようにろ過して、抽出したのである。

>>続きを見る

 

『苦難はたいてい未来の幸福を意味し、それを準備してくれるものである。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

これに関する偉人の言葉は、出揃っている。エドマンド・バークは言った。『困難は厳正なる教師である。』

>>続きを見る

 

『最良の友人とは、いつでも苦しいときに友を見捨てない人のことである。』

 

カテゴリー:友情/仲間

最良の友人とは、いつでも苦しいときに友を見捨てない人のことである。その意味を理解する為には、以下の偉人の言葉を見た方が早い。

>>続きを見る

 

『神に代わって人間を支配する三つの力である金と名誉と享楽との関係を断ったときに、人は初めて自分を自由に感じることができる。』

 

カテゴリー:宗教/信仰

このヒルティの言葉を理解する為に併せて考えたいのは以下の2つのテーマだ。

>>続きを見る

 

『人間の真の誠実は、たとえば礼儀正しさと同じように、小さなことに対するその人の態度にあらわれる。』

 

カテゴリー:自己/精神

『礼儀正しさと同じように』というところがポイントだ。この世には、『社交辞令』や、『慇懃無礼』という概念が存在している。

>>続きを見る

 

『どんな人間的美徳も習慣になってしまわぬかぎり、確かに身についたものにはならぬ。』

 

カテゴリー:自己/精神

このことについてのスペシャリストは、中国の王陽明だ。『実行の中にのみ学問がある。行動しなければ学問ではない。』

>>続きを見る

 

『人は怠惰、逸楽、浪費、無節度、吝嗇(りんしょく)などの習慣を養えるように勤勉、節制、倹約、寛容の習慣も養える。』

 

カテゴリー:自己/精神

怠惰し、浪費し、ケチに成り下がることは誰でもできる。実に、どんな者でも出来る。人の器の大きさに関係なく、全ての人間に出来る。

>>続きを見る

 

『挫折したことのない人は役に立たない。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

なぜなら彼らは、『無知』だからだ。色々と、まだ知らないのである。未熟なのだ。普通、未熟な人や、破損している物を評価する時、『役に立たない』というものになってしまうのである。

>>続きを見る

 

『人を不安にするのは事柄そのものではなく、むしろそれに関する人の意見である。』

 

カテゴリー:自己/精神

亀井勝一郎はこう言い、『死そのものよりも、死についての想像の方が、はるかに我々を恐怖せしむる。』古代ローマの哲学者、プリニウスは言った。

>>続きを見る

 

『寝床につくときに、翌朝起きることを楽しみにしている人間は、幸福である。』

 

カテゴリー:成功/幸福

話の流れの中で、『どんな人が幸せなのかなあ』『寝床につくときに、翌朝起きることを楽しみにしている人は、幸せなんじゃない?』

>>続きを見る

 

『幸福、それは君の行くてに立ちふさがる獅子である。たいていの人はそれを見て引き返してしまう。』

 

カテゴリー:成功/幸福

目の前に、行くてを遮る獅子がいる。そう想像しただけで、獅子の怖さを知っている人は、身震いする。

>>続きを見る

 

『これまでに激しい苦悩も味わわず、自我の大きな劣敗を経験しなかった、いわゆる打ち砕かれたことのない人間は何の役にも立たない。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

本田宗一郎もこう言い、『人生でも、企業でも、一度貧乏とか不況とかを立派にくぐり抜いてきたものなら、そいつはどこまでも信用できる。』電力王、松永安左エ門もこう言った。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP